ライター/ 執筆屋久島ライフ
屋久島との出会い《第一回 屋久島Life&People》ライター/ 執筆

屋久島との出会い《第一回 屋久島Life&People》

1年以上かけてじわじわと水面下で準備をしてきたことがある。
それは、屋久島に移住すること。
そしてすべてが整った2020年3月末、子ども二人連れて屋久島入りを果たした。ちなみに、パパは大学の仕事があるため東京に残り、2拠点生活が始まった。

どうして屋久島に移住?
とよく聞かれることがある。

そもそも、私自身これまで20年ほどアジア・アフリカ諸国で国際協力分野の事業(国際保健)に従事してきたため、20代前半の頃から長年海外に住み、行き来してきた。ほんの数年前まではケニア国で仕事をしていて、娘は2歳までケニアで育った。

しかし、ケニアから帰国し東京生活が始まったものの、メインの仕事は変わらず海外であるため、子育てしながらキャリアを両立することはなかなか難しく感じていた。そんな中、自分の人生の優先順位を考えた2018年夏、思い切って国際協力の仕事から離れることを決めた。

そう、新しい人生を描き始めようとしていた私がそこにいた。

そんな頃、初めて屋久島を訪れる機会があり、それ以来すっかりその島の虜になってしまったのだ。

「ここは、どこ?」

屋久島の太古の森に初めて足を踏み入れた時、想像もしていなかった世界が待っていた。同時に、そこになんとも言えない安心感と解放感で包まれたのを覚えている。

(続きは以下のリンクをクリック)

https://tenro-in.com/yakushima-life/151084/

タイトルとURLをコピーしました