お知らせイベントコラム終了したイベント森林ウェルネス / 森林セラピー
お知らせ

屋久島と共に創る「”いのちが循環する”わたし」編 ~マイプロ × ティール with 森林セラピー~

長引くコロナ渦によって、精神的・身体的な健康を害する方が増えてきています。
企業においても、働く人達のサポートの重要性が増しています。
そのような働く人達を対象とした、心身の健康増進と社会的健康や自己理解、働きがいや生きがいの探求を実現するプログラムです。

屋久島に移住されて長年「山・川・海の水の循環」を取り戻す活動をされている今村さん、アフリカでの活動を経て、屋久島で「創造性が甦る森林セラピー」をされている杉下さん。然り気無い遊び心や楽しさが随所に感じられるお二人のワークでは、日頃の効率性や合理性がいつの間にか消え去り、「いのちが喜ぶ」、「いのちが循環する」体験が待っています。

オンラインと、9月に行う世界遺産屋久島での「水の循環を感じる”森林リトリート・セラピー”&自己理解促進ワークショップ(マイプロジェクト)、ティール組織でのエボリューショナリーパーパスの体感」などで構成されています。自然の中で自身を癒やし、頭だけでなく、心や身体から聞こえる声に耳を傾け、これからの生き方・働き方を一緒に感じましょう。

自身がそのような機会を必要とされている場合ももちろん、自分の組織やコミュニティにおいて必要としている経営者や人事の方にもオススメです。心身の健康増進に加え、自己理解を促進を通した人生観・キャリア観を再構築を通し、プログラム参加後も、参加者の皆さんならびに所属する職場において波及効果が続くことを願っています。

■このプログラムが生まれた背景・ストーリー

本プログラムを企画・運営する3人は、それぞれの分野でプロフェッショナルとして活動しているのはもちろんのこと、共に「”いのちがめぐる”循環畑」という実践を中心として、ティール組織やマイプロジェクトなど互いのプロフェッショナル領域を学び合ってきました。お互いの特性が生かし合われることで、それぞれが描く理想の社会により近づけると感じている中、屋久島との素敵な出逢いがメンバーのハルさん(春日)に訪れました。今年度より、屋久島での活動を本格化する中で、以下の想いを元に、念願の3人のコラボレーションが形となりました!


🌱春日未歩子のストーリー🌱
働ている方々のメンタルヘルス不調をサポートしていく中で、今までの慣習やルールに縛られて動けなくなっている、悪循環の暗いトンネルから抜け出せない状態の方々に会ってきました。自分の価値観や大事にしたいことが、大事にできない関係性や組織。そこから脱出するために、自分らしさを取り戻すことをお手伝いしてきました。


自分はこれからどのような環境で、どのように生きていきたいか。
自分・家族・組織が、健康で気持ちのいい状態になるように、何を大事にして、何を手放していくか。
今までの自分と、これからの自分を、自然を間にはさんで時間軸をつなげていくことで、いのちが求める道をつくっていきます。
こころとからだがワクワクするような自分の源に触れていく対話と、自然の循環が全部見える屋久島という環境でのリトリートで、自然体のあり方を取り戻すこころの疎開先をつくりたいと思っています。


🌱須子善彦のストーリー🌱
私は「マイプロジェクト(マイプロ)」という手法をもちいて、自分の人生を生きようとしている方達の伴走役をしてきました。一人一人が自身の人生を肯定し、仕事や生活において、感じている気持ちに正直に生きてゆく人達が増えると世界はもっと素敵なものになっていくと信じています。

コロナ渦になって感じました。私たちは、一度しかない人生の中で、いま何のために働いているのでしょう?具体的な答えは人それぞれかもしれませんが、少なくとも、これからの会社・組織・コミュニティは、そういう問いをもち自分の人生を生きようとする人達が支え合う場となってゆくのではと思います。頭だけが切り離されている働き方はもう限界を感じますよね。一人一人の心・身体・五感全てを大切にした働き方・生き方を増やしていきたい!この機会を通して、同じような気持ちをもつ方同士、繋がっていきたいと思っています。


🌱吉原史郎のストーリー🌱
循環経営の実践に加えて、生命体的組織としてのティール組織を「いのちが循環するという世界観で観てもらうには?」という活動をしています。背景には、”いのちがめぐる”循環畑を行っていたことがあります。フレデリック・ラルーさんにお会いした時に、ご自身を「Lazy Farmer」と言い、暮らしを自然の中に移し、生活を通して、生命体的組織としてのティール組織について伝えて下さったことに共鳴しました。以降、ティール組織を自然の循環の世界観で感じてもらえる場づくりを日本や海外で続けています。今回のプログラムでは、ティール組織の「エボリューショナリーパーパス」の「エボリューショナリー」にラルーさんが込めた想いについてお伝えします。

現代の経営において、利益と同時に、自然の循環を通じた「いのち」を取り戻そうとするためには、「心の奥底で願う社会像」や「システム全体への醒めた目」を持つことが大切だと思っています。「海、山、畑、生きていくために必要な循環を全て感じられる屋久島」を通じて、「何が今の自分たちの暮らしや組織を、自然から分断しているのか?」という問いへの気づきの種を持ち帰る。そして、”自己治癒力の高い”暮らしや組織の小さな芽吹きを、お互いに喜びながら、永く集いあえたら幸せです。


■日程(日時、プログラム)
【事前ワークショップ オンライン】

2021年初めに開催予定(日程が決まり次第アップします)
※事前プログラムについては、ご都合の良い日程を上記①と②から選択ください。
 各回最大7名を予定しています。

【屋久島リトリート】
2021年初めに開催予定(日程が決まり次第アップします)

Day1:13:30 屋久島空港集合
・屋久島の森を見ながらランチ&チェックイン
・夕食
・”いのちの循環”ダイアログ ~マイプロジェクト~

Day2:
・朝食
・森へ移動
・森林セラピー
・昼食
・”いのちの循環”ダイアログ
~ラルーさんがエボリューショナリーに込めた想い~
・夕食 一緒にご飯づくり
・焚火ダイアログ

Day3:12:00 終了
・朝食
・森の散策 
・チェックアウト
・ランチ(時間のある方)

【フォローアップ オンライン】
2021年初めに開催予定(日程が決まり次第アップします)

■こんな方におすすめ
・今までの囚われから出て、自分の自然体を取り戻したい人
・自分も、家族も、よりヘルシーに生きたいと思っている人
・自分自分を肯定し、身体・心・五感全てを大切にした働き方・生き方をしたい方
・自分の組織やコミュニティで、新しい働き方・生き方を実現しようしている方
・組織を変える前に、日常の「暮らし」を少しずつ変えていくことも大切ではないかなと感じている方
・会社や組織などへの観方を、自然の生命体的なものとして感じたい、といった興味が溢れている方
・『ティール組織』などを読み、試行錯誤している中で「唯一解」がないことに気付き始めた方
上記のようなことを感じている人達同士でつながりと実践の場を必要としている方

■講師紹介(あいうえお順)
春日未歩子
森とこころの研究所 所長 精神保健福祉士/公認心理師/2級キャリアコンサルタント技能士
精神科医療機関、EAP機関で精神的不調からの回復を25年間サポート。自然環境で心身を整える「保健農園ホテルフフ山梨」を9年間運営。こころとからだと自然をつなげ、自然体を取り戻す場を提供し、予防に取り組んできた。NPO森林セラピーソサエティの理事として、森で人を癒す森林セラピスト育成にも関わる。



須子善彦
マイプロジェクト株式会社創業者・代表取締役。BBT大学准教授。
インターネットの設計哲学を学ぶ過程で複雑系科学に興味を持つ。これからの時代に複雑系科学が人や組織、社会システムに大きな影響を与えていくことを知り、コミュニティ運営やティール組織への関心に繋がっている。現在は人材育成・起業家育成手法「マイプロジェクト」の普及を通し、個人の成長・変革や、組織の自律化の伴奏支援を行っている。「自分自身を肯定し、人生をオーナシップを持って生きる人に溢れる社会をつくる」ことが私の目的。


吉原史郎
Natural Organizations Lab(株)共同創業者。循環経営支援家。循環コモンズ村実践家。循環畑を通じて、経営者が「野菜は自然と育つ」という意識が芽生え、「いのちの循環」の視点で経営や暮らしを見詰め直すことを支援。事業再生下でのリゾートホテル経営、三菱UFJリサーチ&コンサルティングを経て、NOL創業。著書『実務でつかむ!ティール組織(2018年)』。共訳書『自主経営組織のはじめ方(2020年)』


屋久島ウェルネスツーリズム協会
会長 今村 祐樹
合同会社モスガイドクラブ代表 イマジン屋久島実行委員 
「自然の中で生きる力を身につけよう」と23歳の時に屋久島に移住。2003年、エコツアーカンパニー「モスガイドクラブ」を仲間と創業。年間230日を超えるガイドの場で培った屋久島の自然の仕組みや、島で暮らす人々の生活文化を伝える場所として、2006年、宿泊体験を提供するモスオーシャンハウスの運営を開始する。屋久島の1000年つづく自然の生態系から学びを得る教育研修プログラムの開発や、人が訪れれば訪れるほど島の自然がますます美しくなっていくような仕組みづくりに奔走している。


副会長 杉下真絹子  
森林セラピーガイド 森林ウェルネスガイド カレイドスコープ 代表
米国自然森林セラピープログラム公認ガイド 日本森林セラピーソサエティ公認ガイド 
地域保健専門家として、南アフリカ、カンボジア、ミャンマー、ザンビアなどにおいて国際協力分野で活動。2009年から2014年までJICA専門家(ケニア保健省アドバイザー)として地域保健政策の立案・実施などにも従事する。2020 年に屋久島に子連れで移住。【森と健康】をテーマにプログラムを展開している。



■場所
【講義・フォローアップ】 オンライン(ZOOM)
【リトリート】 
 屋久島 鹿児島県熊毛郡 屋久島町 http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/pamphlet/
 森:ヤクスギランド 鹿児島県熊毛郡屋久島町荒川 http://y-rekumori.com/yakusugi_text/
畑:MOS OCEAN HOUSE 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生311-91 https://www.moss6.com/
 宿泊: 四季の宿 屋久島町尾之間642-15 http://www.shikinoyado.com/ 

■料金
【プログラム参加費】:90,000円(税込99,000円)  早割り7月31日まで80,000円(税込88,000円)

※別途、各自のご負担料金として以下の①~③が必要となります。
①宿泊費(宿泊施設の申込はこちらで手配いたします)
②往復交通費
③現地での食事(2日目の昼食)+各自の飲料代

■定員
12名(最小催行人数8名)

■申込締め切り 2021年8月8日

■キャンセルポリシー
締め切り日2021年8月8日まではキャンセル料無料。
8月9日~9月1日まではキャンセル料20%。
9月2日以降は、原則、入金後のキャンセルはできません。
ただし、感染症によるキャンセルの場合は、別途対応致します。
また、感染症の状況、天候次第で現地プログラムは臨機応変に変更(中止、延期、縮小や代替プログラムへの転換など)になる可能性がございます。

主催:森とこころの研究所
共催:マイプロジェクト株式会社 、Natrural Organizations Lab株式会社、屋久島ウェルネスツーリズム協会
お問い合わせ先:森とこころの研究所


参考)
https://autdecentralizedsol.wixsite.com/junkanbatake4commons

【申し込みはこちらのリンクからお願いします】
https://peatix.com/event/1946014

タイトルとURLをコピーしました